永松 歩 / Ayumu Nagamatsu

profile_image
photo by 稲垣謙一

1989年、東京生まれ。プログラマー / リサーチャー

建築家の父、油絵画家の母を持ち、幼い頃から絵画芸術に興味を持つ。インターネットサービス会社にてシステム開発のプロジェクトマネジメントを経験。そのかたわらプログラミングによる創作活動を開始。2017年、Linz Kunstuniverstat Interface Culture (オーストリア)留学。2018年、IAMAS メディア表現専攻修士課程修了。専門はコンピュータによるGenerative Designとデータ可視化。表現領域はオーディオ・ビジュアルを得意とし、データ可視化、ライブ演出、Web、 VR、 デザイン、映像など。メディア・アートに関わるワークショップや執筆も行う。

He studied art history in Keio University (Tokyo, Japan) and acquired a bachelor’s degree in 2012. After working in system development at a company, now he specializes in new media art at the master’s course in IAMAS (Gifu, Japan). In 2017, he joined Interface Culture program in Kunstuniverstät Linz (Linz, Austria) as an exchange researcher.
With skills pertaining to CG programming frameworks (openFrameworks, Unity etc.), his main focus is “generative art”. He pursues algorithmic beauty and a better relation between audio and visuals. He uses various kind of media such as Virtual Reality, Web, audio visual, data visualization.

Contact

Facebook , Twitter 等でご連絡頂ければ幸いです。

実績

EDUCATION

EXHIBITION

AWARD

TALK / WORKSHOP

PERFORMANCE

Media